皮膚病治療に対する考え方

「皮膚は内臓の鏡」と言います。

皮膚病であらわれてくる様々な症状は、皮膚のみで

起こっているのではなく、内臓の異常を危険信号として

私達に知らせしてくれています。

例えば、体調がすごく悪そうで胃腸が虚弱、いつも病的に見える負のオーラがバリバリな人なのに…肌はキメが細かく、透き通るような透明感で、今すぐ触りたくなるようなモチモチ赤ちゃん肌の人なんて、いないじゃないですか??体調が良い時って、肌の調子も良いですよね!?

もちろんその逆も経験あるかと思います。どんな現象も、「原因」があっての「結果」です。つまり、現在の自分の生活スタイルそのものが皮膚病を作っている原因なのです。しかし、原因となっているであろう自身の生活スタイルや食生活には目を向けたくない。

ステロイド治療だけでは治らないのは、この「体内の異変」はそのまま放置し、食事や睡眠、思考パターンといった本当の原因を見直せていないからです。

画像の説明

ステロイドはあくまで応急処置です。急場をしのぐ行動って続けるものでなく、しのいだら原因を見つけて対処しなければならないですよね。いくらゴミ処理場を増やしても、埋め立て地を増やしても、出すゴミを減らさなければ改善しないのと一緒です。そんなこと続けていたら、いつか破綻しますよね〜。

ステロイドで炎症を抑えている間に、体内の異常を改善する策を考えて、あとは行動するのみです。きっとあなたの皮膚も今すぐ治りたがっているはずです!


治療方針とステロイドへの考え方

画像の説明

皮膚病や皮膚のトラブルで悩んでいる方は、皮膚の細胞が正常に出来なくなっているのです。原因は人それぞれですが、皮膚の細胞が少しでも正常に近づくようにしてあげれば回復していきます。

アトピー性皮膚炎や乾癬、手湿疹などあまりに炎症が激しく状態が良くない場合には、ステロイドを使用した方が良い場合もあります。ステロイドによる強い抗炎症作用で、大火事を消火します。鎮火したらステロイドを使用する必要はないので、今度は建物(正常な皮膚)を作っていく訳です。

このように、応急処置を施さなくてはならない時もあります。放っておいたら隣まで火が燃え移り、更なる大火事を招いてしまうし、何より細胞が壊されてしまう可能性もあります。

お薬にはそれぞれの役目があるので、ちゃんと理解して使用すれば上手に乗り越えられます。特にステロイドの場合、ダラダラと慢性的に使用するのではなく、状態が落ち着いたらやめてみて、根本的な治療に移行すると良いですね! 上手に使用しながら、「ステロイドを使わないで大丈夫!」な状態を目指しましょう!!

各種皮膚病

    -乾癬(かんせん)尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)

    -アトピー性皮膚炎

    -貨幣状湿疹(かへいじょうしっしん)

    -自家感作性皮膚炎(じかかんさせいひふえん)

    -掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

    -接触性皮膚炎・主婦湿疹(手湿疹)

    -ニキビ(尋常性痤瘡:じんじょうせいざそう)

    -蕁麻疹(じんましん)

    -ビダール苔癬(びだーるたいせん)

    -脂漏性湿疹

    -毛包性膿皮症

    -疣贅:ゆうぜい(イボ)

    -尋常性白斑(しろなまず)

    -尋常性湿疹・慢性湿疹

    -痒疹(ようしん)

    -その他の皮膚疾患(診断不明など)


〜おひとりおひとりの病症に寄り添いご提案いたします。〜

受付電話番号

お問い合わせ受付 営業時間内 9:30~19:00

a:3039 t:4 y:0