貨幣状湿疹の治療の選択肢に漢方を!

こんばんは^^


昨日に引き続き

雨が降っていて

今日は風が強かったですね!

畑のスイカたちが心配です(´・ω・`)



貨幣状湿疹と言えば

お金のように円形をしていて

痒みが強く、

難治性で再発性という特徴がありますね。




皮膚科では、

かなり強いランク以上のステロイド外用と

抗アレルギー薬の内服がほとんどでしょう。

これで改善される方は、

特に問題なしですね~(^-^)




貨幣状湿疹で本当に困るのは

これらの治療をしっかりと受けつつも

痒みが改善せず、

酷い方ですと夜も眠れなくなってしまう!!

ということ。



皮膚科での治療を続けているのに

もしも改善しなかったとしたら・・・



ふつうは

選択肢が無くなってしまうかも知れませんね。

考えらえるものは、


『治ることをあきらめる』

『自然治癒を期待する』

『医者以外の選択肢を模索する』




この中でも、

「治るのを諦める」

あきらめは肝心かも知れませんが、

痒みを伴うため、なかなか治るのをあきらめるのは

しんどいですね(-_-;)

せめて、かゆみさえ軽くなれば。


「自然治癒を待つ」

これは理にかなっています。

もともと病気は自然治癒力で治せるはず、

但し、

ただ単に待つだけでは難しいこともあります!


そうなると、

「皮膚科以外の選択肢を考えてみる」

これが妥当なのかも知れません。

統合医療・代替医療

と言われる治療法が考えれらます。


シモダ薬局では、

西洋医学のみで改善できなかった場合に

漢方薬や自然療法というのを

新しい選択肢として考えてほしいと思っています。

実際に当店に来られる方の多くは

初来店時はドキドキ感でいっぱいだそうです!!

なんとかなって欲しいという期待感と

本当に効果があるのかなぁ~!?という不安と・・・。


そして、

しばらく通ってくださっているうちによく聞く言葉

それは、

「漢方をもっと早く知っていればよかった!!(^^♪」

その際には、

「いま来れてよかったじゃないですか!?」

とお話します。

一日でも早く気付けた人だけが

真の健康を手に入れる事ができますね(^_-)-☆




さて、

貨幣状湿疹のお話に戻りますが、

今年の初めころから痒みが出始めた男性のお話。


痒みが出てきた当初は、

放っておけば治るだろう、と

放置しておいたそうです。


しかし、

一か月経っても治るどころか

徐々に悪化していき

湿疹がジュクジュクし始め、

少し膿んでいる部分もあったようです。


そこで皮膚科へ行くと

ザイザルという抗ヒスタミン薬の内服と

アンテベート(ステロイド)とプロぺト(白色ワセリン)の

軟膏の合剤でした。

診察当初は診断名は特に無く

「これ塗って薬を飲んで様子を見てください」

ということでした。

(しばらくしてから貨幣状湿疹という診断名がつきました)



その後も皮膚科に通っているものの

残念ながら痒みが緩和する事はなかったようです。

かゆくて夜も寝れない日が続き

皮膚科に行けば

「掻かなければ治る!」

とドクターに言われておりました。

ご本人的には、

「分かっちゃいるけど、痒いから仕方ない!!

掻かないようにしてほしくて通っているのに・・・」

という思いで、

当店の漢方相談に来てくださいました。


この方の貨幣状湿疹の経過を

次回お伝えしていきます(#^.^#)




     ☆★☆大善堂シモダ薬局☆★☆
    ~群馬県藤岡市の漢方相談薬局~
 尋常性乾癬】【掌蹠膿疱症】【アトピー性皮膚炎】【尋常性白斑(しろなまず)】【蕁麻疹(じんましん)
  【貨幣状湿疹】【乳児湿疹】【ビダール苔癬
     【自家感作性皮膚炎】【にきび


  お電話・mailのご予約で、カウンセリング承ります
    お電話はこちらまで 0274-23-1644
     皮膚病専門薬剤師 下田弘通

●群馬埼玉の皮膚炎でお困りの方、ご相談下さい●

  ★★便利な宅配サービス★★


事情によりご来店が難しい場合には、宅配サービスもご利用頂けます。
詳細は、こちらに記載しておりますので、ご覧下さい。


宅配サービスについてのページ











a:2935 t:10 y:9