ワンちゃんの皮膚病

こんにちは^^

今日は、

画像の説明

『ワンちゃんも喜ぶ乳酸菌』

という記事を紹介したいと思います!

スポーツ新聞に掲載された記事ですが、

皮膚炎で悩む愛犬が驚くほど元気に!

という内容のものです。

我が家にもワンちゃんが2匹おります。

老犬と若犬(9か月)がおり

とっても可愛くて

しっかりと番犬をしてくれています(#^.^#)

最近では、

うちの愛犬を目当てに

来てくださるお客様もいるほど^^



そんな可愛いペットが皮膚病やら癌やら

病気になったら・・・

何とかしてあげたい!!!

もし、

ペットの病気で悩んでいて

解決できていない方がおりましたら

この記事が役立つかもしれません。


では、記事から抜粋してみますと、

3か月で効果、しかもリーズナブル

我々人間の健康を腸内から強力に支えてくれると言っても

差し支えない「FK-23菌」。

ただ泣いて喜ぶのは人だけではなく、

家族同様のペット、

とりわけワンちゃんにとっても近年は

頼れる存在になってきている。

食生活の欧米化によって、

生活習慣病に苦しむ人が激増しているように

ワンちゃんも肥満やアレルギーを発症して

動物病院に駆け込むケースが増えている。

特に増加傾向にあるのが

乳がんや腎臓や肝臓の疾患、

そしてアレルギーによる耳の病気、

それに関連する皮膚炎が挙げられる。


食生活が影響

ご協力いただいた獣医の先生によると

これらの原因の大半がドッグフードなどによる

食生活が影響しているらしい。

動物病院や獣医科院にも

皮膚病に苦しむ多くのワンちゃんが来院し

ステロイドや抗生剤の投与などの処置をされているが

FK-23菌を併用するようになって以降、

症状改善が見られたという。

「このFK-23菌は特殊加熱処理されたものなので

菌そのものが多く使えるのと、腸に到達するのが早い。

今までの乳酸菌(生菌)はどれだけ腸に届くか疑問だったのでね」


臭いが消えた

皮膚病のワンちゃんを対象に、

FK-23菌をかけたドッグフードを与え、

一定の効果を得ているが、

学会などでは、

「他の病気に対しても免疫を上げるというので

ブームになっている」とのこと。

実際に先生は、

「腸の中のポリープが消えたという例も聞いています」と。

加齢やアレルギーなど様々な原因で免疫力が低下し

皮膚の化膿を起こす膿皮症にも、

このFK-23菌は効果絶大で

「使用し始めてから特有のにおいが消えた」

という声も届いている。

目に見える効果が現われるのは

「最低3か月はかかるでしょう」というが、

それで体内改善がなされ、

病気を一掃できるのなら決して長くはない。




a:2387 t:6 y:6