乾癬の改善例(写真と解説)

     ~漢方薬による根本治療を目指した方々の乾癬奮闘記~

         画像の説明

画像の説明

画像の説明


尋常性乾癬

乾癬による赤みと皮向け、灼熱感』

漢方治療前

漢方薬による乾癬治療前

乾癬と診断されてから数年が経過。今までは皮膚科に通いステロイド剤による治療で落ち着いたり、少し悪化したりの繰り返しだった様子。まぁ何とかなっていたので、それで良しとしていたのだが・・・

今回は、いつもより範囲が広がってきて、現在ではほぼ全身まで広がってしまっている。

皮疹が急激に拡大してきており、お腹や背中などは正常皮膚の部分が見当たらないくらいで、乾癬性紅皮症のような状態になっており、腕もご覧の通り真っ赤っかで皮膚温がかなり高い!


  • 続きはこちらへ(漢方治療による改善後)

    • 漢方治療後

      漢方薬による乾癬治療改善後

      漢方の服用と並行して、食事とライフスタイルの改善を実施。なるべく規則正しい生活を心がけてもらいました。

      開始早々から炎症による皮膚の熱と赤みに効果があり、みるみると改善していきました。乾癬の範囲も縮小して、かなり早期に改善でき、あれだけ真っ赤だった皮膚もこんなにキレイになりました!!!



滴状乾癬?尋常性乾癬 ?

乾癬を見る周囲の目線が気になって・・・』

漢方治療前

滴状乾癬

乾癬と皮膚科で診断を受けてから、早や4年が経過。
父親が乾癬なので、遺伝的要因のせいなのか、自身の免疫の問題なのか、ライフスタイルのせいなのか?発症してから今までは、かなり強力なステロイド外用剤、光線治療、ビタミン剤などを続けてきた。治療開始当初は改善していたのだが、徐々にステロイドを塗っても改善の度合いが遅くなってきて、最近ではステロイドの効果すら感じなくなっている。また、毎日全身に塗っているのが鬱陶しく感じやめたい!
一番気になるのは、周囲の目線。何をしている時でも、自分の肌を見られているんじゃないか!?噂されているんじゃないか?と気になって仕方がない。こんな気持ちから解放されてみたい・・・。

皮膚科での診断は、「乾癬」。見た感じは、比較的小さめの皮疹が数多く存在しているので、滴状乾癬っぽい。


  • 続きはこちらへ(漢方治療による改善後)
    • 漢方治療後

      漢方薬での乾癬改善後

      まず、ご本人の希望でステロイドを中止。
      また、今までの生活ではちょっと乱れすぎなので、ライフスタイルの改善と食生活の改善を実践してもらった。お菓子、ポテチ、アイスクリーム・・・etc を極力控えてもらい、体内環境・腸内環境の改善に力を注いだ。漢方を服用してから乾癬は順調に改善し、痒みも減少して赤みもカサカサも何処にあったのやら!?と思うほどキレイになりました!
      生活の重要性をしっかりと理解してもらえたので、もしこれから悪化することがあったとしても、焦らずに良くなる方法を実践すれば安心ですものね^^




尋常性乾癬

乾癬が徐々に拡大していたが・・・』

漢方治療前

漢方薬服用前の乾癬

尋常性乾癬と診断を受けてから、しばらく時がたった。発症してから皮膚科で治療を受けてきたが、未だかつて治ったことはない。というより、治らないものだと思って過ごしてきた。体調により、多少改善傾向になったり悪化して乾癬が拡大してきたりを繰り返していた。
長袖長ズボンを履いていれば、周囲から乾癬だということはばれないし、多少痒みはあるが裸にならなければ問題なし、と思っていた。
ただ、銭湯やゴルフ後の大浴場、温泉などは周囲から気味悪がられるので絶対に入ることは出来なかった!



  • 続きはこちらへ(漢方治療による改善後)
    • 漢方治療後

      漢方薬での乾癬改善後

      漢方治療を始めるにあたり、まずは食事の改善を開始した。というのも、この方は暴飲暴食の傾向があり、やや肥満になりつつあるとのことでしたので、この事を最優先にしました。食事の改善をすること、これが大きく漢方の効果を上げてくれます。ご本人的には、食事の変更はかなりしんどかった様子ですが、皮膚の改善を目の当たりにし、頑張ってくださいました!
      ご本人が「もう、この状態までこれたので十分満足!美味しいものをまた沢山食べたい!」とのことで、漢方を終わりにしましたが、どうやら食事の改善が相当辛かったようですね・・・。完全ではないので、今後がちょっと心配ですが・・・。



乾癬についてのページへ




※体質も各々異なるので、改善には個人差があります。


※群馬県(藤岡市、高崎市、前橋市、伊勢崎市、玉村町、吉井町、吉岡町、富岡市、安中市、沼田市、嬬恋村、榛東村、渋川市、太田市、桐生市、館林市、みどり市)、埼玉県(本庄市、上里町、神川町、児玉郡、熊谷市、寄居町、秩父市、さいたま市)の方で、乾癬治療に行き詰まっていたら、0274-23-1644 まで、まずはお電話にてお問い合わせください。
漢方薬という選択肢もございます。



画像の説明

お問い合わせ・ご質問はメールフォームからでも可能です。

受付電話番号


a:9549 t:1 y:0

}}