MCI(軽度認知障害)から認知症にならない為に!後編

こんにちは(#^.^#)

今日はスゴイ風ですね!

吹っ飛ばされそう・・・

お気をつけを(笑)


さて、

昨日の続きです。


MCI(軽度認知障害)の段階で

何らかの手を打つことが出来れば

認知症に移行せずに済む可能性が上がる

って事でした。

では、

MCIかどうか

どうやって気付く事が出来るか?

って事ですが・・・。

「そりゃ~専門医にもてもらえば・・・」

「物忘れ外来とかに行けばわかるんじゃ・・・」

って思いますよね。


残念ながら

専門医に行った場合

既に認知症なら分かるけど

MCIは判別しにくいらしいのです。

MCIのパターンによりますが

健忘(物忘れ)の症状は

初期に出てこない場合もあります。

前頭側頭型認知症

レビー小体型認知症ってのは

非健忘型MCIパターンなのですって!!

進行しないと物忘れが出てこないパターン

って事です。


保険適応の範囲内でやると

このような現状なのですね。

つまり、

保険適応のMRIを使うと

早期の診断は難しく

進行した認知症を診断するのに適している。

早期発見のために必要なPET検査は

保険適応ではないので

負担となる費用が大きくなってしまう・・・。

どうしてもMCIかどうか

早期診断を望まれる方は

実費で脳PET検査をする他ないって事ですね・・・(^^;



その他の判断材料としては

認知症の場合、

・自分で意思決定できない

・社会生活が出来ない

というのがあります。

健忘があるが意思決定は出来る、

こういった場合はMCIかも知れませんね。



認知症予備軍であるMCI、

もしもPETを受けるなら

65歳くらいからやってみると良いと思います。

というのも、

認知症が急増するのが

75歳~とされているからです。

10年前から対処すると考えて

65歳です。



一方で、

40代になるとSOD活性が

急激に落ち込み始めます!

※SODとは活性酸素を消す酵素のことで、これがしっかりしていると細胞が障害されにくい。活性酸素が脳で増えると、脳細胞が障害されてしまい、脳の萎縮に繋がってしまう

ストレスがかかると活性酸素が生じ

40歳前まではSODがしっかりしているので

活性酸素を消してくれます。

が、

40代に入ると活性酸素を消せずに

色々なところで

細胞が障害されるリスクが高まる。

このように考えてみると

40代から認知症リスクが

高まっているのかも知れませんね。



という事で、

40代に入ったら

活性酸素を消去できるように

抗酸化について考え始めると良いでしょうね(^_-)-☆

まず必要なのは、

ビタミン類、ミネラル類、微量元素を基本とした

総合的な栄養素でしょう!

天然物が理想ですね~。

バイ〇リン〇とか(#^.^#)

葉酸、ビタミンB6.12も含むので最高です!

その他にも

持続型ビタミンC製剤とか

新型レシチン製剤など

抗酸化物質を含む製剤は

たくさんありますので

興味ある方は

店頭にてお声かけください☆彡


とは言っても、

サプリメントはあくまで

食事の補助と考えて

なるべく正しい食事を心がけ、

しっかりと睡眠をとりましょう!

そして、

体を動かす(仕事ではなく)ことが大切。

それで不足する分を

サプリメント等で強化する!!



認知症にならない、させない、

そうなれるように

早めに対処していきましょう!





お問い合わせは、お電話又はメールにて

お待ちしております☆彡

0274-23-1644




     ☆★☆大善堂シモダ薬局☆★☆
    ~群馬県藤岡市の漢方相談薬局~
 尋常性乾癬】【掌蹠膿疱症】【にきび
アトピー性皮膚炎】【自家感作性皮膚炎
蕁麻疹】【貨幣状湿疹】【痒疹(ようしん)
ビダール苔癬】【尋常性白斑(しろなまず)


  お電話・mailのご予約で、カウンセリング承ります
    お電話はこちらまで 0274-23-1644
     皮膚病担当薬剤師 下田弘通

●皮膚炎でお困りの方、ご相談下さい●
   ★★便利な宅配サービス★★

事情によりご来店が難しい場合には、宅配サービスもご利用頂けます。
詳細は、こちらに記載しておりますので、ご覧下さい。

宅配サービスについてのページ

















a:64 t:1 y:1