羊水過少の解決法とは…

羊水過少について


羊水量は、羊水の産生と吸収によって調節されますが、

羊水量が異常に少ない状態を「羊水過少」と呼びます。

一般に、100ml以下の場合に羊水過少となります。

こうなると、胎児が病気にかかるリスクが上がり死亡率も上昇します。

特に妊娠28週未満に発生した場合、予後が悪いと言われております。


妊娠初期

妊娠初期からの場合、その多くが胎児の先天奇形や染色体異常によるもので、予後は良くありません。初期の自然流産として扱われています。

妊娠中期

妊娠中期の場合、羊水過少の原因は半数が胎児異常、染色体異常によるものです。前期破水や胎児発育不全、常位胎盤早期剥離などもあります。

妊娠後期

妊娠後期の場合、胎盤機能不全や前期破水によるものが多いです。胎盤機能不全は、妊娠高血圧や抗リン脂質抗体などの自己免疫疾患によるものが多く、子宮内胎児発育遅延を伴い、胎児尿産生が低下して羊水過少になります。
予定日を過ぎた場合に起こる羊水過少もあります。




めでたく妊娠、その後に「羊水過少です・・・」

なんて医者から伝えられたら・・・

せっかくやっとできた妊娠なのに、どうして!?

なんで私が・・・!?

すごく落ち込み、凹みます

きっと自分を責めてしまうことでしょう





今日は、羊水過少で悩んでいる方に

朗報となるかも知れない情報です!

あれこれやって改善がなく、困っていらっしゃるなら

試してみる価値ありです。

実際に、羊水量が回復されている方も経験ありますし、

仲間内でも回復例を聞きます。


とは言え、

一番のお薬は、ゆっくりと体を休めることです!

どんな薬物療法も、コレには到底かないませんね!!!

それでも回復しない場合、漢方薬の出番ですね。

腎機能の回復と血流改善、免疫の正常化が大切です。




お問い合わせは、お電話又はメールにて

お待ちしております☆彡

0274-23-1644

この記事の執筆者

画像の説明

下田弘通

♦薬剤師
♦国際中医師

日水製薬㈱主催 全国7会場でサテライト放映『スキンケア研修会』講師
栃木中医薬研究会
『皮膚病に対する漢方での対応』講師
長野県84(ヤシ)の会
『バイオリンクと皮膚病』講師
栃木ヤクケンみどり会
『皮膚病に対するバイオリンク』講師
神奈川、東京、千葉ヤクケンみどり会合同zoom研修会
『皮膚病を通じて学んだこと』講師
群馬県薬剤師会主催「登録販売者 資質向上外部研修会」「薬局製剤研修会」講師
幼稚園にてお母さん向け子育て支援セミナー
『食品添加物について』『アレルギー対策について』講演
『FM群馬』『FMラジオ高崎』ラジオ出演
皮膚病専門講座受講済

DAIZENDO
大善堂シモダ薬局
~カウンセリング相談~


【アトピー性皮膚炎】
【痒疹(ようしん)】
【尋常性乾癬】
【自家感作性皮膚炎】
【貨幣状湿疹】
【掌蹠膿疱症】
【汗管腫】
【蕁麻疹】
【にきび】


お電話・mailのご予約で、カウンセリング承ります
お電話はこちらまで 0274-23-1644
皮膚病担当薬剤師
下田弘通(しもだひろみち)

※皮膚炎でお困りの方、ご相談下さい

宅配コレクト便

事情によりご来店が難しい場合には、宅配サービスもご利用頂けます。

宅配ご希望の方はこちら





















a:253 t:1 y:0